木が伸びてきたら伐採して綺麗にしましょう|業者選びが大切

ジョウロ

木の種類を確認

剪定する人

庭木や植木を手入れするとなると剪定をしなければなりません。そのときに何も知識がなく剪定してしまったら、木が上手く育たなくなる可能性があります。なので、しっかりとした知識が必要です。専門的な知識を知る必要ないので、基本的なことだけで十分です。観賞用の庭木を見たことがあるでしょうか。三角だったり人の形をしたり上手く手入れがされているものが観賞用の庭木です。観賞用ではないのであれば、しっかりと育つように剪定をするようにします。栄養が様々な部分へ行かないように必要のない枝を切ります。そうすることで、切った枝に行っていた栄養が他の枝に行くことになり成長が早くなります。また、枝が多すぎるとそれだけの水分や栄養が必要になります。そのため根は多くの水分や栄養を吸わなければなりません。しかし、剪定をすることによって根の負担を減らすことが可能です。
剪定する時期は木の種類や剪定方法によって異なります。基本剪定で針葉樹なら4月頃で、落葉樹は12月頃です。軽剪定では針葉樹で10月、落葉樹で8月頃になります。忌み枝というのがありますが、健康な枝にするために枝を切るのです。伸びたのにもったいないと思ってしまう人もいるでしょうが、いらない枝は切ったほうが木のためになります。切ることでより健康な枝に育てることができるのです。基本的な知識を頭に入れて剪定するようにしましょう。家にある木がどのような種類の木なのかを知ることが剪定の第一歩になります。