木が伸びてきたら伐採して綺麗にしましょう|業者選びが大切

ジョウロ

素人にはできない

伐採道具

伐採と聞いたら森の木を切り倒すことをイメージする人もいるでしょうが、もっと身近に伐採がされています。例えば、庭や学校に大きな木があったときに邪魔になってしまったら伐採をします。自分でもできると考えて素人が伐採をしようとしては危険です。伐採は知識や技術が必要になります。簡単にできるものではありません。伐採をするときに体を守るものとしてヘルメットやゴーグル、手袋などがあります。これらを着用していないと何かあったときにケガをしてしまう可能性があります。伐採を行なうときに周りのことも考えないといけないです。伐採をしたときに倒れる木がどの範囲まで及ぶのか計算をします。
伐採に使われる道具として枝切ハサミがあります。これは自宅の木を切るときにも役立ちますので、自宅に木があるのであれば購入していると便利です。大きな木の枝を切ることで周りの安全を守ることができます。くさびというものがあるのですが、木を切り倒すときにこのくさびを利用して倒れる方向を決めることができるのです。倒れる方向を決めないと、周りの木をダメにしたり通行の妨害になったりします。ワイヤーロープを利用しても倒れる方向を変えることができます。他にも伐採をするのに必要な道具があるので、安全面などを考えると素人が伐採をするのは危ないので業者へ依頼したほうがいいです。ただ、小さな枝を切るくらいなら枝切りハサミを利用して自分でも切ることができます。そのときには安全面に気をつけながら行ないましょう。